ブルーのインク。

この夏、暑さに耐えられず

自家製アイスを作る。

 

先日、とても大切に読んでいる本を執筆されている方に

ふと手紙を出した。

 

すぐにその方からお礼の葉書が届く。

 

ブルーインクの万年筆。

 

一文字ひと文字

ていねいに書かれている。

 

うれしくてそっと、手帳に忍ばせる。

 

 

 

朝の研究所/morninglabo.